vocalist

ウィントン 雄一郎 ホワイト
(テノール)
 

ニューヨーク生まれ日本育ち。サンフランシスコ音楽院作曲専攻修士号取得後、カリフォルニアで様々な大聖堂合唱団のプロ歌手として活動。イラン出身オペラ歌手ライーカ・ヤグマイ氏に師事。カウンターテナーとして4年、テナーとして4年間教わり、教会音楽から劇場オペラコーラスで「キャンディード」、2012年に指揮者として「カルメン」活動。
現在、横須賀と横浜でミュージカル系やジャズ系音楽を中心に活動中。東京ではベーシストとバックボーカルとしてロック、ファンク系バンドでも活動中。
 
Winton White began vocal training at the age of 28, immediately launching his career as a professional freelance vocalist in the greater San Francisco Bay Area. Started as a countertenor for local Episcopal and Catholic churches, Winton gradually became a regular countertenor/tenor for Grace Cathedral in San Francisco and Cathedral Of Saint Mary Of The Assumption. While composing and performing his own art songs, Winton has also participated in opera as a chorus member for Bernstein's "Candide" and as a conductor for "Carmen" with a local opera company in Los Angeles.
Still active as a singer, Winton continues performing on stages in Yokohama/Yokosuka as well as live houses in Tokyo as a bassist and backing vocalist for rock, funk, and jazz groups.

classical /クラシック

rock-pop / ロック・ポップ

オリジナル作品「この鳥」

(英語)

「Nothing Can Change This Love」

(英語)

オリジナル作品「秋の日」

(日本語)

サミュエル・バーバーの「キリストの磔刑」

(英語)

ファンク:バックボーカル+ベース

(英語)

カバー曲「ラッキー」

(英語)

Winton White

© 2015 by Winton White. Proudly created with Wix.com